IターンSEの北海道満喫ブログ

IターンSEの北海道満喫ブログ - 転職して北海道に移住!-

北海道にIターンで転職・移住したシステムエンジニアが北海道を遊びたおす!!

【Iターン移住希望者向け】面接が不安? Iターン転職経験者が経験をもとにアドバイス

Iターン移住希望者が転職活動で面接を受けるときに間違いなく聞かれることがあります。

あなたはなぜ縁もゆかりも無い地に移住しようと思ったのですか?」という質問です。

 

「親族がもともと移住希望先に住んでいる」とか、「Uターン」「大学がこっちだった」とかなら理由を述べやすいのですが、縁も所縁もない土地へのIターン移住だとなかなか理由を説明するのが難しいですよね。

ただ「好きだから」なんて理由を採用面接で言ってよいものか。悩みますね。

 

転職の指南書のような本は本屋さんに何冊もありますが、Iターン移住希望者向けの解説をしているものはまだまだ少ないので参考になる情報は少ないと思います。

そこで、Iターン移住希望者が面接で不安を感じるポイントについて、実際にIターンで転職した私の経験からアドバイスしてみようと思います。

「なぜIターン移住したいの?」と訊かれるかも。。。

聞かれない方がおかしいくらいのこの質問。

こんな質問が来たときは、あなたがIターンで移住したい理由を正直に言ってしまうのが良いと思います

 

相手は何十人も入社希望の人を見てきた人事のプロです。

適当に聞こえの良いことを言っていてもどこかでボロが出ます。

 

もしかしたら、今住んでいるところから離れて移住したいということに何か後ろめたさを感じているかもしれません。

しかし私は、Iターンで移住したいということを後ろめたく感じたり恥ずかしがる必要は無いと思っています

あなたは今いる場所に何かしらの不満(会社、環境、人間関係、などなど)があり、それを変えたいためにIターンをしようと思い立ったのだと思います。

その想いを採用担当の人に正直に伝えてしまいましょう。

 

首都圏の喧騒を離れて地方都市で働きたいと考える人は相当数いると思うのですが、行動に移せる人はそう多くありません。

その行動力はきっとアピールポイントになるはずです

「年収下がるよ?」と言われるかも。。。

残念ながら実際に下がります。

首都圏の給与相場と地方都市の給与相場はギャップがあるので、年収は下がるものと思っておきましょう。

 

それよりも大事なのが、環境の変化と天秤にかけてどれくらいまで下がることを許容できるかです。

希望していた土地で働けるようになっても、生活に困窮するような状態では意味がありませんよね。

 

面接に行くときは、Iターン移住希望先の給与相場、年齢、経験を考慮して大体の目標額を設定しておきましょう。

現在の年収は参考程度にはなりますが、勤務地が変わることで給与相場が変わるので現在の年収に固執しているとなかなか前に進めないと思います。

 

具体的に言ってしまうと、現在の年収の2割ダウン程度は見ておきましょう。

2割、かなりインパクトが大きいと思います。

この2割を払ってでもIターン移住する価値があるのかよく考えるべきです。

 

私の場合は以下の変化を考慮し、2割減でもIターン移住する価値があると判断しました

  • 勤務時間の短縮
  • 自然の多い環境
  • 住居費
  • 食べ物
  • 趣味

人によって価値観は違いますが、環境の変化に対してどれだけの年収の変化を飲めるのか、自分の中ではっきりさせておくことが大切です。

「本当にこの地でやっていける?」って訊かれるかも。。。

縁も所縁もない土地へのIターン移住を希望する場合、面接で「本当にやっていけるの?」って訊かれたらどうしようって心配になりますよね。

でもそれ、たぶん訊かれますよ(笑)

Iターン移住歓迎としている会社でも、すぐに辞められてしまっては困るわけで、ちゃんと移住後にやっていけそうかチェックすると思います。

 

では、移住してもちゃんとやっていけることを面接でどのようにアピールすればよいのでしょう?

私の場合は移住先の交友関係についてアピールしました

やはりプライベートでいろいろ相談できる人がいるのは心強いですよね。

 

親族が移住先に住んでいる場合はベストです。

そうでない場合でも、知人友人が移住先に何人かいるというだけでも印象が良いと思いますよ。

 

私の場合も残念ながら北海道に親族はいませんでした。

しかし、それまで何度も北海道にやってきて交友関係を広げていたおかげで、移住してきてもひとりになってしまうという心配は無かったです。

移住にあこがれているけど、移住先に交友関係がまだ無いという人は知人・友人を作るところから始めてみるのはどうでしょう?

その土地がぐっと身近になり、面接のときも胸を張って「大丈夫です!」と言えると思いますよ。

 

ちなみに北海道で交友関係を広げるなら、個人が経営している以下のような小規模な宿泊施設に泊まってみるのもおすすめです。

  • とほ宿
  • ユースホステル
  • 道東旅人宿

宿の経営者が移住者だったり、泊まり合わせるお客さんが移住した道民だったりすることもあるので、交友関係を広げるのにもってこいだと思いますよ。

まとめ

Iターン移住と聞くと世間離れした特殊なことのように感じますが、これらのポイントを押さえておけば普通の転職と聞かれることや答え方はそれほど変わらないと思います。

あなたには首都圏で働いていたという経験・アドバンテージがあるのですから、胸を張って面接に臨みましょう。

「この地が好きだから、ここに住んで働きたいんです!」って言われて悪い気がする現地の人はいないと思いますしね。