IターンSEの北海道満喫ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IターンSEの北海道満喫ブログ - 転職して北海道に移住!-

北海道にIターンで転職・移住したシステムエンジニアが北海道を遊びたおす!!

【北海道札幌市への移住希望者向け】仕事探しの3つのポイント

Iターン移住・転職 希望者向け特集記事

羽田空港から札幌へ

私は2015年に北海道札幌市へ移住してきましたが、移住の際にどのように仕事を探したのか、その際に感じたことを含めて、北海道札幌市への移住を希望されている方向けに仕事探しの3つのポイントを紹介しようと思います。

仕事探しは3種類のWebサイトを利用

まず、移住に際して仕事を探さなくてよい人というのは少数派ですよね?
移住したいけど仕事が見つかるか不安という人の方が多いと思います。

私の場合は、以下の3種類のWebサイトで情報収集・求職者登録・応募をしていました。

  1. 北海道のU・Iターン就職情報とハローワーク
  2. 転職サイト
  3. 転職エージェント

それぞれの特徴や私が感じたことを含めて、ポイントを以下でご紹介します。

【ポイント1】北海道のU・Iターン就職情報とハローワーク

北海道の場合では道外の求職者向けにU・Iターン就職情報を提供しています。

求職者情報を登録しておけば、求職者側から企業に応募できるだけでなく、ハローワークに登録している企業からハローワークを通じて連絡が来ることもあります。

転職サイトには登録していない中小企業もここには多数登録されているので、北海道の待遇(給料、休日など)の相場を知るためにも登録して損は無いと思いますね。

また、札幌以外の求人は転職サイトにはあまり出てこないので、札幌以外で仕事を探す場合はハローワークが一番の情報源になると思います。

【ポイント2】転職サイト

私の場合は「リクナビNEXT」、「マイナビ転職」、「ジョブキタ」に登録していました。

どのサイトも勤務地を絞り込んで探すことができるので、北海道に絞り込んで求人を探していました。

求人数では「リクナビNEXT」と「マイナビ転職」が多いのですが、「ジョブキタ」も北海道ローカルの求人が多数登録されているので参考になると思います。

 

あと、求人サイトではスカウトメールというのがよく飛んできていましたが、道内勤務を希望しているのにメールをよこすのは道外の企業ばかりだったので私の場合はあまり役に立ちませんでした。

それよりも、求人を見て興味がわいた企業に直接応募・コンタクトを取ったほうが良いと思います。

【ポイント3】転職エージェント

札幌ローカルの転職エージェントにも登録していましたが、私の場合は役に立ちませんでした。

転職エージェントを活用するためには最初に転職エージェントと面談をして仕事内容や待遇の希望を伝えなければいけないのですが、道外在住だと札幌にあるエージェントの会社には気軽に出向けないですよね。

電話での面談も可能でしたが、電話では深い話し合いができず給与や勤務形態などの条件をエージェントに伝える段階から難しかったです。

あと、道外からのIターン希望だとエージェント側も難しいと判断するのか、私の場合は求人の紹介がありませんでした…

 

エージェント側も紹介した人材が採用されてお金になるお仕事なので、採用されやすい人を優先的に企業に紹介するのは当然ですね。

すぐに面接の予定を確保できる道内の人と、飛行機に乗らないと来れない道外の人がいたらどちらを紹介するか… やはり道内の人でしょうね。

まとめ

移住で仕事を探そうと思っている人は、まずこれらのWebサイトに片っ端から求職者登録をするのがよいと思います

首都圏と比べると表に出てくる札幌の求人情報は少ないので、できるだけ情報を集めるのが良いと思います。

求人情報を集めて、道内の求人の相場感(給料・休日など)を掴んでから応募を始めましょう。