IターンSEの北海道満喫ブログ

IターンSEの北海道満喫ブログ - 転職して北海道に移住!-

北海道にIターンで転職・移住したシステムエンジニアが北海道を遊びたおす!!

札幌でバックカントリースキーを始めたい? それならアウトドア専門店『パドルクラブ』へGO!【動画あり】

バックカントリースキーの用品や技術的なアドバイスでお世話になっている札幌のアウトドアショップ『パドルクラブ(PADDLE CLUB)』をご紹介します。

 

場所は札樽道の大谷地インターを降りてすぐ。

西区からだと宮の沢や桑園にある石井スポーツの方が近いのですが、パドルクラブにはバックカントリーに詳しい店員が多いのでこちらを利用してます。

 

一階はウェアやザック、キャンプ用品などのアウトドア用品が一通り揃っています。

 

しかし、パドルクラブの目玉は二階!

冬季は二階が全てスキーコーナーなのです。

 

なんとスノーボードは扱ってません。スキー専門です!
(たまーにスプリットボードなんていう珍品を扱ってたりはしますが)

 

しかも、扱っている板やブーツの半分はバックカントリーやツアー用

残り半分が基礎スキーやレース。

少数ですが、クロカンなんかも扱ってます。

 

バックカントリー用の用品も充実していて、ビーコン・ショベル・ゾンデのバックカントリー・三種の神器もいろいろな種類から実物を見て選ぶことができます。

 

この日はブーツの調整のために来店しました。

このブーツは昨シーズンにパドルクラブで購入したのですが、長時間滑ると痛くなる箇所があるため調整します。

 

私の使用しているブーツは「ラング」というメーカーのブーツなのですが、ラングのブーツは足の幅が比較的狭いため、足の幅が広い人が多い日本人には少し窮屈…

同じフランスブランドでもHEADの方が幅広で日本人の足に向いている気がします。

ちなみに、スキーのブーツは足のサイズぴったりにしないとブーツの中で踵が浮いてしまいます

本人が普段履いている運動靴のサイズよりも全然小さかったりするので、足のサイズを測る専用の計測器を置いていて、なおかつブーツのフィッティングについて知識を持っている店員のいるお店で購入するべきです。

 

調整はまず、ブーツのヒートインナーをブーツ専用のヒートガンで熱します。

最近のスキーブーツはほとんどがヒートインナーを採用しているので、スキーショップで熱してもらって自分の足に合わせると足とインナーのホールドが良くなります

ただし、専用のヒートガンが無いと作業ができないので、フィッティングを気にするなら調整も含めてやってくれるスキーショップでブーツを購入する方がいいですね。

 

ヒートインナーをよく熱したら、熱いうちにブーツにインナーを戻して足を入れ、少しきつめにバックルを締めます。

これによってヒートインナーが足の形に合わせられるわけです。

 

調整してからスキーを滑ってみた結果は、調整前よりは随分マシになったかなという感じ。

ただ、やっぱり長時間滑ると当たる感じがするので、今度はインナーではなくシェル(外側のプラスチック)を調整してもらおうと思っています。

当たる箇所を伝えれば、「シェル出し」という作業で外側のプラスチックを熱して押し出してくれるのです。

 

ちなみに今回のインナー調整、パドルクラブで購入したブーツなので調整の技術料は無料です。

シェル出しも同様に無料。

満足するまで調整に付き合ってくれます。

 

用品も充実していて、知識を持った店員が揃っていて、以前ご紹介した「雪崩講習会」などの講習会やツアー等のイベントも充実しているパドルクラブ。

札幌でバックカントリースキーを始めたいと思っている人は一度お店を覗いてみてはいかがでしょうか。

パドルクラブ 札幌・大谷地店

住所・電話番号・地図

住所:北海道札幌市厚別区大谷地西1丁目2
TEL:011-890-8777

ストリートビュー

動画

パドルクラブに行ってきたよ!!

関連記事