IターンSEの北海道満喫ブログ

IターンSEの北海道満喫ブログ - 転職して北海道に移住!-

北海道にIターンで転職・移住したシステムエンジニアが北海道を遊びたおす!!

auから格安simの『mineo(マイネオ)』に乗り換え! 通信速度やサービスをレビュー

f:id:hokkaido-mankitsu:20170111164242j:plain

格安simの『mineo(マイネオ)』を利用し始めて半月程度経ちましたので、通信速度やサービスについて実際にマイネオを利用しているユーザーとしてレビューしてみようと思います。

通信速度

私はスマートフォンを以下のような場面で使用していますが、auのときと比較してもインターネットで体感できるような速度の低下はありませんでした。

  • 朝と夕方の通勤電車(札幌市営地下鉄・東西線)
  • お昼休み(トラスティア小暮ビル周辺、13:00~14:00に利用)
  • 帰宅後の自宅(札幌市西区)

特に通勤電車の車内ではスマートフォンを使っている人が多いので、キャリア系のsimよりも速度が遅くなるのではないかと心配していましたが無用な心配でした。

もしかしたらイベント会場など特別に人が集まるようなシーンではキャリア系よりも速度が低下するのかもしれませんが、普通に使っている分には今のところ速度の低下は感じられません。

 

クラウドサービス(dropbox)への写真のアップロードもたまに行うのですが、こちらも速度に体感できる変化はありません。

マイネオの場合、格安simだからといって通信速度が極端に変わるわけではなさそうです。

できなくなったこと

auからマイネオ(docomo系sim)に乗り換えたことで以下のことはできなくなりました。

  • キャリアメール(ezweb.ne.jp)
  • auショップでの有人サポート

他にもできなくなったこと(auスマートパスとか)があるのかもしれませんが、au限定のサービスはキャリアメール以外あまり使っていなかったので影響ありませんでした。

キャリアメールについても、最近はLINEでの連絡がほとんどでほぼ使っていなかったので私の場合はほとんど影響が無かったです。

 

ちなみに、マイネオでもau系simを選択した場合はiPhoneでデザリングが利用できないので注意が必要です。

たまにPCからiPhoneのデザリングで接続してインターネットを利用したい場合はdocomo系simを選択するべきですね。

 

また、マイネオのau系simはデータ通信が4GLTEエリアしか対応していないことも注意です。

マイネオのdocomo系SIMはFOMAエリアでも通信可能なので、山の中などLTEエリアから外れやすい場所でスマートフォンを利用したい人はdocomo系simを選択するべきです。

マイネオの便利なサービス

マイネオスイッチ

マイネオスイッチ』はマイネオの公式アプリで、iPhoneの場合はAppStoreからダウンロードできます。

本記事の冒頭の画像のように、当月のデータ使用量、データ残量、前月からの繰り越しデータ量を一目で見ることができます。

これだけならキャリアにも似たようなアプリがあるのですが、マイネオスイッチの便利なところは「データ容量節約機能」があることです。

「節約ON」にすると通信速度が200kbpsに制限されるのですが、その間はなんとデータ使用量がカウントされないのです。

この機能、以下のような場面で重宝しそうです。

ニュースやまとめなど写真が少ないWebページの閲覧

200kbpsでも写真が少ないニュースページやまとめのページはあまりストレスを感じることなく見ることができてしまいます。

auで通信量が上限に達して128kbpsに制限されたときはかなりストレスを感じましたが、200kbpsなら「写真の表示が遅いかな」くらいです。

容量の大きなファイルのアップロード

写真をdropboxなどのクラウドサービスにアップロードするような使い方をしていると通信量が大きくなってしまうのですが、アップロードを急いでいないなら「節約ON」にして200kbpsでアップロードすれば通信量がカウントされません。

スマートフォンを使用しないとき

仕事中や就寝中などスマートフォンを使用しないときでも、アプリのアップデートや同期などでスマートフォンは通信をしていますが、「節約ON」にしていればそれらの通信も通信量がカウントされません。

デザリングするとき

デザリングでタブレットやPCからインターネットに接続するときも、なんと「節約ON」は有効です。

特にPCでインターネットを見ているときは広告や写真の表示などでスマートフォンで表示したときよりも通信量が多くなるので、「節約ON」にすることで通信量がカウントされないのはかなり便利です!

 

速度は200kbpsに制限されますが通信量がカウントされないというメリットは素晴らしい!

しかもiPhoneやAndroidのウィジェットに登録することができるので、通知画面で素早くON/OFFを切り替えることができます。

フリータンク

フリータンク』はマイネオ公式のファンサイト「マイネ王」で運用されているサービスです。

フリータンクではマイネオユーザーが余ったパケットの寄付をしたり、逆にパケットをタンクから引き出すことができるようになっています。

パケットの引き出しは1ヶ月につき最大1GBとされているため、たとえばマイネオを5GBプランで契約している場合は5GB+最大1GB=最大6GBまで利用できるのです。

 

最大1GBとしているのは、フリータンクに寄付されたパケットが底をついた場合タンクから引き出せなくなるためですが、1/11現在フリータンクには13,000GBもパケットが貯まっているためまず底をつくことはないと考えてよいと思います。

実質、契約プランのパケット容量+1GBと考えてよいかもしれません。

結果は大満足! もっと早くマイネオに変えればよかった

キャリア(私の場合はau)からマイネオに切り替えるために、いろいろとユーザ側が作業を行わなければいけないことは多かったですが、切り替えさえ終わってしまえばキャリアのときとほぼ変わらない通信品質を得られていると思います。

それに対して、一ヶ月の使用料は4,000円近くダウンしたので、価格も含めて考えるとキャリアよりも満足度は高いです。

有人店舗で手厚いサポートが付いていないと心配という人には格安simは不向きですが、インターネットでの申し込みや機械の取り扱い(simの差し替え)に抵抗感が無い人はマイネオへの切り替えをおススメします。

関連記事