IターンSEの北海道満喫ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IターンSEの北海道満喫ブログ - 転職して北海道に移住!-

北海道にIターンで転職・移住したシステムエンジニアが北海道を遊びたおす!!

今年最初のニセコへ! 忘れ物で心が折れるも、友人のおかげで雲海の上を歩いているような絶景でスキー!

スキーで上着を忘れると面倒なことに

8日は友人とニセコへスキーに行ってきました。

自宅前で朝6時に待ち合わせして車1台でスキー場に向かいます。

バラバラに行くよりもガソリン代が節約できるし、二人で行った方が移動中もヒマしないですからね。

 

朝8時過ぎにはニセコ花園スキー場の駐車場に着いたのですが、ここで問題発生!

友人がゴーグルを忘れてきました。

しかし、ゴーグルなら私が予備を持ってきていたのでそれを貸すことで問題解決!

 

良かった良かったと思った矢先、自分のスキーウェアの上着が車内に無いことに気が付きました。

やっちまった…家に置いてきちまったよ…

 

さすがに上着が無いと寒くて滑れたものではないので、急いで倶知安の市街地に降りてホーマックへ。

2,000円くらいでペラペラのウィンドブレーカーを調達して問題解決!

安く済んでよかったね~と思っていた矢先、もっと大きな問題に気が付きました。

リフト券、上着の中じゃん!!

 

シーズンフリー時間券の弱点、こんなところにもありました。

先に購入したリフト券を忘れて来るとリフトに乗ることができません…

まだ購入した時間が残っているのに、当日有効のリフト券を買うのもアホらしいし…

 

心が折れた私は「下で待ってるわー」と提案したのですが、友人は「一緒に滑れないと一緒に来た意味が無いから、まだ行ったことのない他のスキー場に行こうぜ」と言ってくれたのでニセコアンヌプリスキー場に移動して滑ることにしました。

ニセコG2ゲートから山頂へ

ニセコアンヌプリスキー場のG2ゲートから出てニセコアンヌプリ山頂にハイクアップ→西斜面を滑って麓のリフトまで戻ってくるルートは、私が去年一回ルートを知っている人に案内してもらったことがあり知っていたので、そのルートでバックカントリーを滑ることにしました。

 

11時くらいまでは山頂付近に雪雲がかかっていて視界も悪かったのですが、山頂に向けてハイクアップするうちに雲の上へ…

まるで雲海の上を歩いているような高度感

 

蝦夷富士(羊蹄山)も雲海の上に浮いているようです。

登りのキツさもこの景色を見れれば報われますね!

 

いつものニセコアンヌプリ山頂に着いたら板を履き、西尾根のバックボウル側からドロップ。

ここ数日は気温が高めだったせいか重めの雪でしたが、いつもとは違うルートや斜度で楽しめました。

 

途中、五色温泉側に落とす北側斜面は障害物の少ない広めのバーンで結構楽しかったです。

ただ、あまり落とし過ぎるとスキー場に帰ってこれなくなるので程々のところで西側斜面に戻らなければいけません。

五色温泉に車を回しておけばニセコアンヌプリ山頂から五色温泉まで一気に滑り降りることもできますが、それはまたのお楽しみに。

 

この日は、G2ゲートからのハイクアップを1本、G1ゲートからのサイドカントリーを2本こなして足がガクガクし始めたので切り上げました。

付き合ってくれた友人に感謝です。

関連記事