IターンSEの北海道満喫ブログ

IターンSEの北海道満喫ブログ - 転職して北海道に移住!-

北海道にIターンで転職・移住したシステムエンジニアが北海道を遊びたおす!!

北海道では必携! 冬の車載道具をご紹介

北海道の車は冬にスタッドレスタイヤに交換するのですが、その他にも降雪地を走るために冬用の装備を整える必要があります

今回は私の車に車載している冬用のアイテムをご紹介しようと思います。

スノーブラシ

近場を走る場合でもスノーブラシは必携アイテムです。

一方がブラシ、もう一方がヘラになっていて、伸縮機能付きで長さを変えることができます。

ブラシ側は車体に積もった雪を払うために使用します。

ヘラ側はフロントガラスに凍りついた雪をこそぎ落とすのに使えます。

ただ、あまりヘラ側でガラスをガリガリすると傷がつく恐れもあるので、急いでいないならエアコンのデフロスタ機能で溶かす方が良いと思います。

牽引ロープ

出来れば使いたくないアイテムですが、念のために積んであります。

冬は路肩の見切りが難しく、ちょっと地図を見たいなと思って路肩に寄せただけでタイヤが雪にはまって抜け出せなくなってしまうことがあるのです。
(そのために北海道の道路には路肩の位置を示す赤い矢印が設置されてるんですけどね^^;)

路肩に落ちるなんて冗談のように思うかもしれませんが実際に落ちた経験もあり、その時はたまたま車で通りかかった親切な人に牽引ロープで引き上げてもらって事なきを得ました。

自分が落ちた時だけでなく、救援をする時にも牽引ロープは役立ちますね。

 

ちなみに、自分の車の前後の牽引フックの場所はあらかじめ確認しておきましょう

バンパーのカバーを外して牽引フックを取り付けないといけない車種もあるので、いざ必要な時にやり方がわからないと焦ります。

ジャンプケーブル

これも出来れば使いたくないアイテムの一つ。

冬場の氷点下にもなる寒さはバッテリーにも厳しく、古いバッテリーだとエンジンを始動できなくなる恐れもあります

バッテリーあがりは駐車場で起きる事が多いと思いますので、ジャンプケーブルがあれば他の車に救援をお願いする事ができます。

タイヤチェーン

冬はスタッドレスタイヤを装備していますが、念のためにタイヤチェーンも車載しています。

除雪が行き届いている国道や道道を走る分にはまず使う事はありませんが、除雪されていない道を走る場合には深い雪でスタックしてしまい、スタッドレスタイヤでも走破不能になる場合があるためです。

チェーンは安価な鎖状のものからそれなりに値が張るベルト式のものまでいろいろなタイプが販売していますが、めったに使用するものではない緊急用アイテムなので高価なものでなくて良いと思います。

スコップ

遠出するときや降雪が予想されるときはスコップも車載します。

車を停めている間に車の周辺に雪が積もり、車を動かせなくなる恐れがあるためです。

また、雪深いところを走っていてスタックしてしまった場合もスコップが役に立ちます。

プラスチック製のスコップは固い雪に歯が立たないので、スチール製の頑丈なスコップが良いです。

私は家で使っている雪かき用スコップをそのまま車載しています。

毛布

※冒頭の写真には写っていません

これも遠出するときに車載しておきたいアイテム。

万が一トラブルで車が動かせなくなり、周辺に避難できる場所もない場合は車内で救援を待つことになりますが、そんなときの防寒で役に立ちます
(エンジンをかけたままのヒーター使用は排気管が雪で詰まって一酸化炭素中毒になる恐れがあります)

また、スタックしてしまったときにタイヤの下に毛布を敷くと脱出しやすくなります

JAF

道具ではありませんが(笑)、上記の道具を使ってセルフレスキューでトラブルに対処出来ればいいのですが、手に負えないようならJAFに救援を呼ぶべきでしょう

パンクやバッテリー上がり、燃料切れ等のアクシデントにもJAFは対応してくれるので、会員になっておくのが良いと思いますよ。

 
 

スタッドレスタイヤさえ履いていれば街中を走る分にはこれらの装備はなくても困らないのですが、冬季に遠出する事があるなら車載しておくことをお勧めします。

実際、北海道では人気の少ない道で吹き溜まりに突っ込んで身動きが取れなくなり、寒さや一酸化炭素中毒で亡くなる事件が冬に何件か発生しています。

 

いろいろ揃えなくてはいけないものが多く、かさばる物が多いのでトランクで場所もとるのですが、アクシデントが起きてもできるだけセルフレスキューで対処できるように準備をしておきたいですね。

関連記事