IターンSEの北海道満喫ブログ

IターンSEの北海道満喫ブログ - 転職して北海道に移住!-

北海道にIターンで転職・移住したシステムエンジニアが北海道を遊びたおす!!

「SECI(セキ)モデル」というフレームワーク

SECIモデルというフレームワークがなかなか興味深いので、いろいろ調べてみました。

SECIモデルの概要

参考情報:
SECIモデル(ナレッジ・マネジメント)

 

SECIモデルとは、ざっくり言うと「組織内での知識の共有・アウトプット・整理・定着をどんどん進めましょう」というフレームワークだと理解しています。

そしてこの取り組みを行う根拠は、知識が重要な経営資源の一つであるためです。

SECIモデルの具体例

参考情報:
SECIモデルは知識の再利用モデル、または、実践知を生み出すモデルだ

 

とはいっても、実際の業務に当てはめてみないとわかりにくい。

世の中にはシステム開発にSECIモデルを当てはめて具体例を示してくれている人もいます。

この中でも「IT情報共有のSECIモデル化」はシステム開発の現場でイメージしやすいと思います。

関連記事