IターンSEの北海道満喫ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IターンSEの北海道満喫ブログ - 転職して北海道に移住!-

北海道にIターンで転職・移住したシステムエンジニアが北海道を遊びたおす!!

北海道では桜をみるとジンギスカンを思い浮かべる

ジンギスカン

通勤途中に見える公園の桜が咲き始めていました。

桜をみると・・・ジンギスカンを思い浮かべてしまいます(笑)

 

毎年恒例・小樽の手宮公園での花見大会。今年も行くと思います。

花見と言いながら、みんな飲んで・焼いて・食べて・歌ってで、花を見ている人なんかいるのか?という状態ですが^^;

手宮公園

住所・電話番号・地図

住所:北海道小樽市手宮2丁目
TEL:0134-32-4111(内線349・426:小樽市 公園緑地課)

ストリートビュー

動画

手宮公園の桜が見頃に! @北海道小樽市 Otaru Temiya Park Sakura, Hokkaido

小樽の花見スポットの代表格「手宮公園」の桜が見ごろを迎えています。小樽港を見渡せる、海の青・空の青・桜のピンクの共演は、道内でも数少ないです。

【小樽編】手宮公園から小樽を一望する / Overlooking the Otaru City from Temiya Park

今回は「北限の栗林」として知られる小樽手宮公園に来てみました。

小樽市の桜の名所ということでシーズンにはこの辺り一面桜が咲き乱れるのですが、本日は6月近いということですっかり初夏の雰囲気で、新緑が目に心地良いです。

道なりに少し歩き、車道からちょっと外れて林の中に入り込みますと、公園の下側が切り立った崖になっておりまして、ちょっとした展望台みたいな感じでここから小樽市を一望することができます。

小樽の眺望といえば天狗山か旭展望台が有名ですが、個人的には手宮公園からの景色も捨てたものではないと思うのですが、如何でしょうか。

ちなみに真下は先日ご紹介した小樽市総合博物館で、ここから蒸気機関車が走るのを見ることが出来たりします。

天気が良ければ、銭函のドリームビーチの方まで見渡すことが出来ます。

さらに道なりに進みますと樹木が生い茂った沢のような場所に出ます。

ここは近隣地域で昔から「清水の沢」と呼ばれる、湧き水の出る場所で、昔はちょっとした池のようになっていて子供がザリガニ等を取ったりもできましたが、現在は殆ど水流も無くなり、沢に降りる道も閉鎖されてしまって「単なるガケ」になっております。

この清水の沢の底に小さなお宮のようなものがあるのですが、これはかつて明治天皇が小樽を訪問した際、飲料水としてこの沢の水を献上した記念として設立されたと言われています。

週報でのコメント

トラスティア社内の週報より、社員のコメントをご紹介♪

桜=ジンギ 海水浴=ジンギ

この公式、北海道に来て相当な年数経過してるんだけど、まだ慣れない・・