IターンSEの北海道満喫ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IターンSEの北海道満喫ブログ - 転職して北海道に移住!-

北海道にIターンで転職・移住したシステムエンジニアが北海道を遊びたおす!!

BC(バックカントリー)三種の神器

今回は私がBC(バックカントリー)スキーで携帯している道具をご紹介します。

1.アバランチビーコン (arva)

雪崩で流されたときに自分の居場所を伝えるための発信機。

受信モードにすることで周囲40mで発信者を探索することが可能。

体に密着させた状態で装着し、活動中はずっと電源ONで送信モードにしている。

2.プローブ (Brack Diamond / ブラック ダイヤモンド)

繋げると3mほどになる棒。

アバランチビーコンで遭難者のおおよその位置を割り出したら、プローブを雪面に挿して遭難者が埋まっている場所を探す。

プローブの表面には定規のように深さが刻まれていて、遭難者を発見したらプローブを挿したままスコップでのショベリングを開始する。
(プローブの刻みを見ることでどこまで掘ればよいか解る)

3.スコップ (Brack Diamond / ブラック ダイヤモンド)

雪崩遭難者を掘り出すためのスコップ。

柄の部分とブレードを分離することができるので、見た目よりもコンパクトに携行できる。

雪崩救助で一番時間がかかるのがスコップでの掘り出しらしいので、使いやすさも重要。

まとめ

これら三つの道具はBC三種の神器と呼ばれていて、管理区域外の山に出るときは必携とされています。

自分が助かるためだけではなく、誰かが流されたときにセルフレスキューを実践するためです。
(雪崩で埋まってしまったときの生存確率は15分後から急激に低くなるため、現場の人間が救助活動をしないと助からない)

 

BCスキーは最高に楽しいですが、リスク管理能力が求められるスポーツでもありますね。

週報でのコメント

トラスティア社内の週報より、社員のコメントをご紹介♪

>リスク管理能力が求められるスポーツでもありますね。
これだけの装備が必要で気軽に区域外に行ってはいけないスポーツなんですね。
相次ぐ“バックカントリー”事故

装備をしっかりしていても、雪崩にのみ込まれると外傷や窒息で助からないケースもあるそうで。。。

雪崩の起きそうな斜面には近づかないのがベストですが、これも経験を積むしかありません。

関連記事